Windows10 への Ubuntuのインストール

今回の記事は、Django開発環境の構築について「その2」です。

「その1」で説明した「WSL(Windows Subsystem for Linux」のインストールが前提となりますので、まだインストールされていない方は以下の記事を参照し、WSLのインストールをまず済ましてください。



それでは、UbuntuをWindows10にインストールする手順です。

今回はWindows10にWSLを導入した上で、Ubuntu 18.04 LSTをインストールします。


まず、Windows10 のメニューから「Microsoft Store」を起動してください。

起動したら以下のように、検索ボックスに「Ubuntu」と記入します。

候補のリストが表示されますので「Ubuntu 18.04 LST」をマウスで左クリックします。

1.png
Ubuntu 18.04 LSTの画面が表示されたら「入手」ボタンを押下してください。
インストールが開始されます。

インストールが開始するとターミナル画面が表示されます。
そのターミナル画面で
Enter new UNIX username:
Enter new UNIX password:
Retype new UNIX password:
と、ユーザ名とパスワード(とパスワードの再入力)を求められます。
入力して先に進めてください。

ここで設定したユーザ名とパスワードは「sudo」コマンドを実行する際に必要です。

インストールが完了した後は「スタートメニュー」から「Ubuntu 18.04 LST」を選択すれば起動されます。

2.png
3.png

最後に、Ubuntuのパッケージ類を最新にしておきましょう。
上記の画面で以下を入力してください。

sudo apt update && sudo apt upgrade

すると、以下のようにインストール時に設定したパスワードを求められますので入力して先に進めます。

[sudo] xxxxx のパスワード:

更新されたパッケージがあればアップデートされます。

お疲れさまでした。

この記事へのコメント