Windows10 にWSLを導入

今回の記事は、Django開発環境の構築について「その1」です。

自宅で使用している「Windows10 Home」にて一通りの作業が出来る環境を構築することを目標とします。

環境構築における留意点としては以下の通りです。

既存の環境に影響を与えない(環境を壊さない)

それでは、作業を進めていきたいと思います。

今回の環境構築ではWindows10にWSLを導入します。

これは、Windows10上でLinuxを動作させるための追加パッケージです。
このWSL+Linuxの導入でWindows10上にLinux環境をまず構築します。

そのLinux環境上でDjangoの開発を行うための環境を作っていく形をとります。

そうすることで、既存のWindows10の環境に対する影響を最小限とします。


1.Windows Subsystem for Linux(WSL)の導入

・[スタート] メニュー (左下の windows アイコン) にマウスを移動し「右クリック」。
・表示されたメニューから「検索」を選択し、テキストボックスに「コントロールパメル」と入力。
・「コントロールパネル」のアプリを開き、「プログラム」-「Windowsの機能の有効化または無効化」を選択。
・表示された候補から「Windows Subsystem for Linux」を探し、チェックボックスをチェックする。
・PCの再起動を求められるので再起動を実施する。

これらの手順を順を追って行うことで、WSLの導入は完了します。

1.png

2.png

4.png

3.png

5.png

お疲れさまでした。

この記事へのコメント